オーディションTV
「AuditionTV」

実写映画「あの庭の扉をあけたとき」出演者募集

IS

ファンタジー小説『あの庭の扉をあけたとき』(偕成社刊)実写映画の出演者を募集します。世代を超えて語り継がれる大ベストセラー絵本『100万回生きたねこ』や、『神も仏もありませぬ』などの数々の優れたエッセイで知られる国民的作家・佐野洋子さん原作の小説が実写映画化。

小さな女の子とおばあさんとの無垢な気持ちが、世代を超えて心の扉を開ける・・・多くの人々を感動させるファンタジー。監督には、下野紘主演・実写映画『クロノス・ジョウンターの伝説』や『アリス・イン・ドリームランド』で知られる蜂須賀健太郎。たくさんのご応募お待ちしています。

 

【募集キャスト】

主人公 洋子(5歳)

洋子の妹 モモ子(5歳)

生意気な女の子(おばあさんの子ども時代)(8歳)

洋子の母親(35歳)

中学生になった洋子(13歳)

女性(生意気な女の子の成長した姿)(25歳)

男の子のおじいさん(70歳)

おばあさんの父親(40歳)

青年(大人になった男の子)(28歳)

男の子(12歳)

一郎(11歳)

 

【募集資格】

プロ、アマ問わず。

女性5歳~40歳、男性:10歳~70歳まで。

2021年5月下旬~6月上旬うち7日~10日の撮影に参加できる方。

 

【応募方法】

  • メール送付

件名に実写映画「あの庭の扉をあけたとき」係と明記の上

プロフィール(住所、氏名、年齢、連絡先などを明記)と写真2枚(全身、上半身各1枚)を下記のアドレス宛に送付して下さい。

アドレス info2@mobacon.but.jp

 

【応募期間】2021年4月5日~4月30日

 

【選考】

書類審査後、合格者のみ、メールでオーディションの連絡を致します。

オーディション: 5月上旬うち1日(リモートもしくは都内予定)

 

【作品概要】

撮影時期2021年5月下旬~6月上旬(うち7日~10日)

完成予定2021年7月

劇場公開2021年秋~2022年冬予定

製作:モバコン株式会社

監督:蜂須賀健太郎

ふるさと映画祭

2023年12月8日(金)~12月10(日)

秋葉原UDXシアター/富士ソフトアキバシアター