オーディションTV
「AuditionTV」

shout オーディション

短編映画集「shout(シャウト)」メインキャストWSオーディション 9月3日23時59分 締め切り

Proof of the man

2021年度からスタートする『心の叫び』をコンセプトとした短編映画シリーズ「shout(シャウト)」のメインキャストオーディションをワークショップ形式で開催いたします。

監督は渋谷ユーロライブで上映を果たした映画「隻眼の愛」やシンガーソングライター 綺(アヤ)のMVを総合監督する阿部大将が手掛けます。

Proof of the man公式YouTubeチャンネルにて、「shout#1」「shout#2」が公開されていますので、ご参考にしてください。

・shout #1「私の世界」 https://youtu.be/bMyMAolLWkY
・shout #2「一緒に居たいから」 https://youtu.be/-fPrL6fl-bk
・shout #3「モーニングルーティン」 https://youtu.be/17NwiRd4E7g

メインキャスト、サブキャストを含め幅広く募集致します。
また、「追加キャスト」や「当て書き」も視野に入れておりますので、興味が少しでもありましたらエントリーの方よろしくお願い致します。

「実績を積みたい」「芝居がしたい」「夢を諦めきれない」「スクリーンに映る自分を知りたい」「自分の個性を生かしたい」など、動機はなんでも構いません。

また、芝居経験の有無・年齢も問いません。

ワークショップオーディション当日は、参加者のお芝居を定点で撮影する予定です。
撮影したものはキャスティング時の映像資料、今後の役者人生に役立ててもらえるようにと思っております。ですので、門外不出で皆様にオーディション後お渡し致します。

新型コロナウイルスの拡散予防対策のため、通常時より最大参加人数を減らし、開催回を増やしております。
極力、ご希望通りの日時でご参加できるよう努めますが、参加人数の問題で変更していただく可能性があります。

※今回、別企画のキャスティングも兼ねて行う予定でございます。
ご応募の方、お待ちしております。

短編映画「shout(シャウト)」特設ページ
https://proofoftheman.com/2020/12/15/shortmovie-shout/

【プログラムについて】

◯ワークショップ内容

皆様には監督を務める阿部大将の指導を中心に、「二人一組」のお芝居を表現して頂きます。
※エントリーされた方から順次、台本が送付されたメールを致します。

今回は、制作を予定している脚本の1シーンをWSオーディションで使用します。
ご応募後に現在、仕上がっている脚本を全てお送り致します。

WSオーディションはありのままの自分で取り組んでもらい、自分が自分である意義を見つけられるような場として挑んでもらいたいです。前述いたしましたが、芝居経験は一切問いません。

◯応募締切日
9月3日 23時59分に応募を締め切ります。

◯開催日時
・9月4日(土曜日)
1部:12:45~14:45
2部:15:00~17:00
3部:17:15~19:15

※全日各回 2時間となります。
※複数回の御参加の場合、エントリー時に記載してください。
※コロナによる人数制限などによって、希望の日時で御参加できない場合がありますのでご了承ください。

◯会場
東京近郊(メールにて詳細の方をお送り致します)

◯受講料
1回 3,000円(当日持参)
※続けての参加・複数の参加も可能です。

◯定員
各回10名(最大)
※定員に達しましたら、募集を締め切ります。

◯申し込み方法
参加ご希望の方は、以下の項目を明記し、9月3日 23時59分までに proofoftheman0726@gmail.com までエントリー下さい(先着)。
※定員に達した場合は、希望日(複数可)に添えない可能性があります。その際は連絡を致します。
※芸能プロダクションに在籍させている方は、事務所の許可の元で御参加ください。

お名前、年齢、お電話番号、全身・バストアップ写真、希望日(第2希望まで記載ください)、芸歴(無ければ未記入でも構いません)、
趣味または特技を明記の上、エントリーの方よろしくお願い致します。
プロフィールがある方はプロフィールを添付・ご持参して下さい。

【shout(シャウト)について】

◯コンセプト

『心は常に叫んでいる。』
人が生きる上で様々な変化に直面し、肉体的に身体的に適用していかなくてはいけない。
その苦労は誰にも気付いてもらえないし、誰にも理解できないものだ。

「努力してる」「頑張ってる」

そんな言葉を放ったところで何も得ることもないし、押し付けのようで虚しさだけが残ると知っているから。
行き場のないこの『心の叫び』をただ押し殺して、今日が終わり、また明日を生きる。

『心の叫び』を映像を通して、誰かに伝えることができたら。理解してもらえることができたら。
独りじゃないって思える。叫んでよかったって思える。

貴方にしか叫べないことが、誰かが叫ぶキッカケを与えられるように。

◯監督からの一言

WSオーディションに参加した方の中のみで、キャスティングを行い作品を制作いたします。
ですので、こちらからのオファーなどは一切行いません。
また、オーディションではありますがワークショップという場でもあります。
失敗を恐れず、今を生きている自分自身を全力で表現していただけたらと思います。

一緒に良い作品を創りましょう。

ふるさと映画祭

2023年12月8日(金)~12月10(日)

秋葉原UDXシアター/富士ソフトアキバシアター