オーディションTV
「AuditionTV」

エンタメニュース 映画

映画「親子劇場」予告解禁/HANDSIGN「君のままで」初公開

更新日:

映画「親子劇場」予告解禁&エンディングテーマソングHANDSIGN「君のままで」初公開!

▼イントロダクション

息子は耳が聞こえなかった・・・本作はSPEEDとして国民的なアーティストとして活動してきた今井絵理子氏が、生まれつき耳の聞こえない息子とともに歩んだ足跡を基に描いた映画です。耳の聞こえない子供は、耳の聞こえる親から生まれる確率が9割と言われ、身近に存在しています。

そして本作では、手話を第一言語とするろう児の日常、聴者の母親の成長を描きます。AKB48に14歳の時から6年間所属し、18歳の時には全国高校生手話パフォーマンス甲子園で演技司会という大役も務めた中野郁海が主演・比嘉絵梨花。絵梨花の息子役には、生まれたときから耳が聞こえない、日本語と言語が違う手話を第一言語とするろう児・人夢。他、NANA(MAX)、吉冨さくら、忍足亜希子、HANDSIGNらが出演しました。

そして、予告が解禁。生まれつき耳の聞こえない息子と、歌手の母親の温かい交流が映し出された予告には、歌、ダンス、手話という新しい表現方法で伝える手話パフォーマーHANDSIGNの描き下ろし曲「君のままで」が初公開。本作へ寄り添った暖かい歌詞が、より暖かく本作を彩ります。

予告はこちら↓
https://youtu.be/IF4SQ4YUink

映画「親子劇場」はろう者やろう児、手話をもっと多くの方に届けるため、全国上映に向けたクラウドファンディング“エンターテインメントを通じ、ろう児・手話・親子の成長を届けたい”プロジェクトを実施中。ろう者とろう者以外が互いを理解し共生することができる社会を築くことを目標とした「鳥取県手話言語条例」が設立され、毎年全国高校生手話 パフォーマンス甲子園が実施され手話との繋がりが深い鳥取県にて先行上映が決定。

また主演の中野の地元である鳥取県倉吉市・倉吉シネマエポックにて 2023 年 10 月 6 日(金)より先行上映。また2023年12月8日~10日に秋葉原で実施のふるさと映画祭でもプレミア上映が決定しています。

 

▼ストーリー

息子は耳が聞こえなかった・・ 国民的なアーティストとして活動してきた絵梨花は、出産と子育てのため歌手活動を休止することに。そして生まれた待望の息子は、全く耳が聞こえなかった。息子の子育てに奔走する絵梨花。たくさんのファンが待ってくれているものの、再び歌おうという気持ちはなくなっていた。手話サークルへ参加し手話に触れ、息子と共に成長していく絵梨花だが、あることをきっかけに気持ちの変化が生まれ始める。聞こえないことは個性と考え、息子を幸せにしたい、歌でみんなを幸せにしたい・・・
絵梨花の前向きでひたむきな気持ち、そして耳の聞こえない息子と共に歩もうとする姿に心温まる、感動のストーリー。

公式サイト
https://www.oyakogekizyou.com/

ふるさと映画祭

2023年12月8日(金)~12月10(日)

秋葉原UDXシアター/富士ソフトアキバシアター

-エンタメニュース, 映画